プログラム

日病薬会長講演(ライブ配信)[日病薬病院薬学認定単位 Ⅰ-1:0.5単位]

「病院薬剤師のこれから」

  • 座長 神田 博仁(信州大学医学部附属病院 薬剤部)
  • 演者 武田 泰生(一般社団法人日本病院薬剤師会 副会長)

特別講演(ライブ配信)

特別講演1[日病薬病院薬学認定単位 Ⅰ-2:0.5単位]
「データヘルスと薬剤師」(仮)

  • 座長 吉澤 忍(飯田市立病院 薬剤部)
  • 演者 安川 孝志(厚生労働省 医薬・生活衛生局)

特別講演2[日病薬病院薬学認定単位 Ⅰ-1:0.5単位]
「変化に対応し変化を起動する薬剤師を目指して」

  • 座長 神田 博仁(信州大学医学部附属病院 薬剤部)
  • 演者 石井 伊都子(千葉大学医学部附属病院 薬剤部)

教育講演(オンデマンド配信)

教育講演1[日病薬病院薬学認定単位 Ⅳ-2:0.5単位]
「COVID-19に関する全体を俯瞰しての現状、ワクチンの動向、今後の展望と病院薬剤師がすべきこと」

  • 座長 堀 勝幸(長野県立信州医療センター 薬剤部)
  • 「新型コロナウイルス感染症 アップデート」
  • 演者 忽那 賢志(国立国際医療研究センター 国際感染症センター 国際感染症対策室)

教育講演2[日病薬病院薬学認定単位 Ⅲ-2:0.5単位]
「スポーツファーマシスト」

  • 座長 長谷部 優(社会医療法人健和会 健和会病院 薬局)
  • 「スポーツドクターとして薬剤師に期待すること」
  • 演者 加藤 光朗(長野赤十字病院 リハビリテーション科)

シンポジウム(オンデマンド配信)※シンポジウム18のみライブ配信

シンポジウム1[日病薬病院薬学認定単位 Ⅲ-2:1単位]
「がん治療における薬薬連携 ~いま、できていること これからやるべきこと~」

  • 日病薬専門薬剤師認定制度(がん)対象セッション
  • 座長 鬼窪 利英(社会医療法人財団慈泉会 相澤病院 薬剤センター)
  •    高野 耕一郎(飯田市立病院 薬剤部)
  • SY1-1地方中小規模一般病院での連携充実加算算定への取り組み
  • 演者 畠山 浩明(佐久市立国保 浅間総合病院 薬剤科)
  • SY1-2地方薬局のがん患者フォローと薬薬連携ための取り組み
  • 演者 大木 洋介(赤坂てんじん薬局)
  • SY1-3がん薬薬連携の実際 ~大学病院の場合~
  • 演者 奥田 泰考(自治医科大学附属病院 薬剤部)
  • SY1-4がん薬薬連携の実際 ~保険薬局の場合~
  • 演者 本田 泰斗(株式会社フレンド フレンド調剤)
  • SY1-5がん治療における管理栄養士の役割
  • 演者 矢野目 英樹(社会医療法人財団慈泉会 相澤病院 栄養科)

シンポジウム2[日病薬病院薬学認定単位 Ⅳ-2:1単位]
「感染担当薬剤師と病棟薬剤師の連携による抗菌薬適正使用支援(AS)の実践
 ~ASにおける薬剤師の新たな展開~」

  • 日病薬専門薬剤師認定制度(感染制御)対象セッション
  • 座長 久保田 健(JA長野厚生連 北信総合病院 薬剤部)
  •    佐藤 勝治(社会医療法人健和会 健和会病院 薬局)
  • SY2-1感染担当薬剤師と病棟薬剤師の連携による抗菌薬適正使用支援(AS)の実践
    ~ASにおける薬剤師の新たな展開~ 大学病院での実践と展開
  • 演者 池谷 修(慶應義塾大学病院 感染制御部)
  • SY2-2感染症専門医不在の中小病院におけるASTの実践と展開
  • 演者 佐村 優(医療法人社団緑成会 横浜総合病院 薬剤部)
  • SY2-3“薬剤師としてこれだけは押さえておきたい”
    TDMの基礎知識とTDMガイドライン改訂のポイント
  • 演者 花井 雄貴(東邦大学医療センター大森病院 薬剤部)
  • SY2-4ASの新たな展開と薬剤師に期待すること(仮)
  • 演者 岸田 直樹(一般社団法人Sapporo Medical Academy)

シンポジウム3[日病薬病院薬学認定単位 Ⅴ-3:1単位]
「妊娠前から周産期・新生児期を通して薬剤師として関わろう
 ~母子のために全力をつくす~」

  • 日病薬専門薬剤師認定制度(妊婦・授乳婦)対象セッション
  • 座長 山根 律子(国家公務員共済組合連合会 虎の門病院 薬剤部)
  •    上條 早奈美(長野県立こども病院 薬剤部)
  • SY3-1Introduction  薬剤師が妊娠前~新生児期に関わるということは?
  • 演者 上條 早奈美(長野県立こども病院 薬剤部)
  • SY3-2妊娠中の医薬品使用における情報評価の注意点
  • 演者 八鍬 奈穂(国立成育医療研究センター 妊娠と薬情報センター)
  • SY3-3がん・生殖医療ネットワークにおける薬剤師の役割を考える
    ~信州大学における妊娠と薬外来の経験から~
  • 演者 小澤 秀介(信州大学医学部附属病院 薬剤部)
  • SY3-4産婦人科病棟における薬剤師の取り組み ~精神疾患合併妊娠の一症例より~
  • 演者 清水 彩子(JA長野厚生連 佐久総合病院佐久医療センター 薬剤部)

シンポジウム4[日病薬病院薬学認定単位 Ⅴ-2:1単位]
「児童精神科における服薬指導 ~薬あるところに薬剤師あり~」

  • 日病薬専門薬剤師認定制度(精神科)対象セッション
  • 座長 横山 茂(JA長野厚生連 北アルプス医療センターあづみ病院 薬剤部)
  •    成田 芳昭(医療法人鶴賀会 鶴賀病院 薬剤部)
  • SY4-1信州大学医学部附属病院子どものこころ診療部における
    薬物療法児童精神科での臨床経験に基づく考察
  • 演者 白石 健(信州大学医学部 子どものこころの発達医学教室)
  • SY4-2児童精神領域における薬剤師の取り組みと工夫
  • 演者 寺澤 美穂(信州大学医学部附属病院 薬剤部)
  • SY4-3児童精神科病棟における服薬指導を考える
  • 演者 五味 和彦(長野県立こころの医療センター駒ヶ根 薬剤部)
  • SY4-4服薬指導は人生相談?! ~思春期精神医療における薬剤師の関わり~
  • 演者 小林 真美(神奈川県立精神医療センター 薬剤科)

シンポジウム5[日病薬病院薬学認定単位 Ⅲ-2:1単位]
「立場を変えて見えること ~薬剤師もつないで行こう緩和ケア~」

  • 座長 三浦 篤史(JA長野厚生連 佐久総合病院佐久医療センター 薬剤部)
  •    萬谷 摩美子(医療法人愛和会 愛和病院 薬局)
  • SY5-1トコロ変われば人も緩和もいろいろだ ~緩和ケアは難しいの?~
  • 演者 金井 貴充(独立行政法人国立病院機構 渋川医療センター 薬剤部)
  • SY5-2中小病院だからできる緩和ケア 〜急性期病院との違い〜
  • 演者 宮澤 正幸(藤沢市民病院 薬局)
  • SY5-3共に歩む一人として ~ホスピスでの気づき~
  • 演者 大野 瑞穂(一般財団法人ライフ・プランニング・センター 日野原記念ピースハウス病院 薬剤部)
  • SY5-4病院から地域にシームレスな緩和ケアを目指して
  • 演者 今城 宏文(アーク調剤薬局)

シンポジウム6[日病薬病院薬学認定単位 Ⅲ-2:1単位]
「地域医療へつなぐ救急・集中治療 ~薬剤師の必須知識と病診薬連携のコツ~」

  • 座長 前田 幹広(聖マリアンナ医科大学病院 薬剤部)
  •    橋本 麻衣子(信州大学医学部附属病院 薬剤部)
  • SY6-1救急・集中治療から始まるケア移行において薬剤師にできること
  • 演者 森川 剛(JA長野厚生連 北信総合病院 薬剤部)
  • SY6-2治療戦略のkeyとなる薬剤師
    ~薬剤情報収集により救急・集中治療から地域医療へつなぐ~
  • 演者 鈴木 善樹(埼玉医科大学病院 薬剤部)
  • SY6-3専門家でなくても知ってほしい救急・集中治療特有の薬物治療について
  • 演者 原 直己(独立行政法人労働者健康安全機構 横浜労災病院 薬剤部)
  • SY6-4急性期から慢性期へ 〜薬物療法の再評価と情報共有〜
  • 演者 添田 博(東京医科大学病院 薬剤部)
  • SY6-5救急認定薬剤師である保険薬局薬剤師からみた、救急・集中治療領域のケア移行時に必要な連携について
  • 演者 五味 知之(スマイル薬局株式会社)
  • SY6-6シームレスな薬物治療を提供するための薬剤師とソーシャルワーカーとの連携
  • 演者 定光 大海(医療法人恵泉会 堺平成病院 救急センター)

シンポジウム7[日病薬病院薬学認定単位 Ⅳ-1:1単位]
「今後の災害医療にCOVID-19感染をどう生かしていくか」

  • 座長 滝澤 康志(飯山赤十字病院 薬剤部)
  •    小林 映子(日本赤十字社医療センター 薬剤部)
  • SY7-1クルーズ船での薬事対応経験を踏まえた今後の災害対策への提言
  • 演者 小林 映子(日本赤十字社医療センター 薬剤部)
  • SY7-2東京医科大学病院におけるCOVID-19の対応
  • 演者 関根 祐介(東京医科大学病院 薬剤部)
  • SY7-3新型コロナウイルス感染症アウトブレイクの実情とその後の対応
  • 演者 花井 誉(公益財団法人ライフ・エクステンション研究所付属 永寿総合病院 薬剤部)
  • SY7-4病院対応と長野県の取り組み
  • 演者 堀 勝幸(長野県立信州医療センター 薬剤部)
  • SY7-5病院薬剤師の今後の展望(仮)
  • 演者 高山 和郎(東京大学医学部附属病院 薬剤部)

シンポジウム8[日病薬病院薬学認定単位 Ⅳ-1:1単位]
「薬剤師が担う医療安全 「点から面へ」」

  • 座長 荻無里 千史(社会医療法人財団慈泉会 相澤病院 医療介護福祉安全推進部)
  • SY8-1薬剤師が担う医療安全 薬剤師GRMの役割 国立大学病院における薬剤師GRMの経験から
  • 演者 沖 洋充(北海道大学病院 薬剤部)
  • SY8-2医療安全から患者安全の視点 ~平時からより質の高い医療を目指して~
  • 演者 舟越 亮寛(医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 薬剤部)
  • SY8-3患者安全における薬剤師の関わり
    ~多職種から期待されていること、有事対応を中心に~
  • 演者 梅村 朋(名古屋大学医学部附属病院 患者安全推進部)
  • SY8-4薬剤師が担う医療安全 全職員を巻き込み医療安全文化を醸成する仕組みと仕掛け
  • 演者 渡邉 幸子(医療法人社団哺育会 白岡中央総合病院 薬剤部)
  • SY8-5医療安全と地域連携・他職種協働
    ~長野県モデル・南信州医療安全ネットワークの取り組み~
  • 演者 川上 善久(飯田市立病院 薬剤部)
  • SY8-6医療安全と地域連携 保険薬局との地域連携
    長野県モデル長野県中信地区のがん薬薬連携を通して
  • 演者 淺野 未代子(松本保険薬局事業協同組合 ほんじょう薬局)

シンポジウム9[日病薬病院薬学認定単位 Ⅲ-2:1単位]
「今こそ示す、中小のチカラ ~現在そして未来へ~」

  • 座長 濱浦 睦雄(蕨市立病院 薬剤科)
  •    伴野 一樹(軽井沢町国民健康保険 軽井沢病院 薬剤科)
  • SY9-12040年を見据えた地域医療連携を考える
  • 演者 荒木 隆一(市立敦賀病院 薬剤部)
  • SY9-2中小病院でこそ実践したいDI業務を考える
  • 演者 佐村 優(医療法人社団緑成会 横浜総合病院 薬剤部)
  • SY9-3中小病院において実践するPBPM
    〜褥瘡薬物治療を中心に中小病院薬剤師の実践〜
  • 演者 宮川 哲也(上越地域医療センター病院 薬剤科)
  • SY9-4ポリファーマシー対策 ~当院における減薬チームの取り組み~
  • 演者 高橋 彩佳(医療社団法人三思会 くすの木病院 薬剤科)
  • SY9-5へき地医療に対する阿南病院の役割
  • 演者 中島 信一(長野県立阿南病院 薬剤科)

シンポジウム10[日病薬病院薬学認定単位 Ⅱ-5:1単位]
「フォーミュラリーがもたらす未来とは」

  • 座長 佐々木 忠徳(昭和大学病院 薬剤部)
  •    丸山 昌孝(JA長野厚生連 富士見高原医療福祉センター富士見高原病院 薬剤部)
  • SY10-1フォーミュラリーを巡る議論と薬剤管理のポイント
  • 演者 川上 純一(浜松医科大学医学部附属病院 薬剤部)
  • SY10-2日本赤十字社におけるフォーミュラリー導入支援
    〜フォーミュラリーの在り方と求められるもの〜
  • 演者 小口 正義(日本赤十字社 医療事業推進本部 病院支援部)
  • SY10-3中小病院だから実践可能なフォーミュラリー
  • 演者 金井 紀仁(医療法人社団青葉会 新座病院 薬剤科)
  • SY10-4地域連携フォーミュラリへ展開させるための地域中核病院の役割と課題
  • 演者 舟越 亮寛(医療法人鉄蕉会 亀田総合病院 薬剤部)
  • SY10-5保険薬局のフォーミュラリ参画状況と今後について
  • 演者 中澤 祐輔(株式会社アイン信州 運営課)

シンポジウム11[日病薬病院薬学認定単位 Ⅲ-2:1単位]
薬薬連携(認定薬局整備支援事業)
「薬薬連携を中心とした多職種連携による入退院時の情報共有」

  • 座長 長谷部 優(社会医療法人健和会 健和会病院 薬局)
  • SY11-1令和2年度認定薬局整備支援事業における長野県薬剤師会の取り組み
  • 演者 藤澤 裕子(長野県薬剤師会 会営いな薬局)
  • SY11-2情報共有・連携に関する調査結果について
  • 演者 大蔵 直樹(長野県健康福祉部 薬事管理課)
  • SY11-3モデル事業を実施して 〜保険薬局の立場から〜
  • 演者 原 隆徳(飯田下伊那薬剤師会 会営やまなみ薬局)
  • SY11-4モデル事業を実施して病院薬剤師の立場から
  • 演者 三澤 貴美(長野県立信州医療センター 薬剤部)
  • SY11-5薬薬連携を中心とした多職種連携による入退院時の情報共有事業から見えたこと
  • 演者 吉澤 忍(飯田市立病院 薬剤部)

シンポジウム12[日病薬病院薬学認定単位 Ⅱ-6:1単位]
「次世代を担う薬剤師の声 ~輝ける病院薬剤師像とは~」

  • 座長 岡澤 香津子(JA長野厚生連 北信総合病院 薬剤部)
  •    小林 哲郎(社会医療法人栗山会 飯田病院 薬剤科)
  • SY12-1キャリアアップを目指せる魅力ある組織作り
  • 演者 岡澤 香津子(JA長野厚生連 北信総合病院 薬剤部)
  • SY12-2”求められる薬剤師”になるための問題解決型思考と行動力
  • 演者 土屋 直彦(長野赤十字病院 薬剤部)
  • SY12-3病院薬剤師生活10年間の学びと今後の展望
    ~スペシャルかつハイパージェネラリストを目指して~
  • 演者 上原 友美(JA鹿児島厚生連 鹿児島厚生病院 薬剤科)
  • SY12-4新人薬剤師へのメッセージ ~正解のない仕事を楽しもう!~
  • 演者 寺田 智祐(京都大学医学部附属病院 薬剤部)

シンポジウム13[日病薬病院薬学認定単位 Ⅱ-6:1単位]
「実務実習における連携のすゝめ
 ~関係機関のシームレスなつながりを目指して~」

  • 座長 関戸 大司(JA長野厚生連 佐久総合病院佐久医療センター 薬剤部)
  •    櫻井 孝(長野赤十字病院 薬剤部)
  • SY13-1実務実習における連携について
    ~指導薬剤師養成と今後の薬学教育モデルコアカリキュラムの在り方~
  • 演者 小佐野 博史(帝京大学薬学部 薬物治療学研究室)
  • SY13-2実務実習における連携について ~日病薬薬学教育委員会の立場から~
  • 演者 石井 伊都子(千葉大学医学部附属病院 薬剤部)
  • SY13-3実務実習における教育連携
    〜実習生を受ける側から送り出す立場になって感じたこと〜
  • 演者 平田 尚人(東京薬科大学 薬学部医療衛生薬学科)
  • SY13-4地域連携で行うふるさと実習
  • 演者 小林 潤(てんじん薬局)
  • SY13-5実務実習の連携のすゝめ ~病院の立場から~
  • 演者 伊藤 隆哉(社会医療法人財団慈泉会 相澤病院 薬剤センター)

シンポジウム14[日病薬病院薬学認定単位 Ⅱ-6:1単位]
「5年、10年…後、認定・専門薬剤師になるためには」

  • 座長 山口 浩明(山形大学医学部附属病院 薬剤部)
  •    伊藤 芳明(伊南行政組合 昭和伊南総合病院 薬剤部)
  • SY14-1日病薬病院薬学認定薬剤師制度について
  • 演者 山口 浩明(山形大学医学部附属病院 薬剤部)
  • SY14-2精神科の認定取得を目指して
  • 演者 細川 智成(公益財団法人慈圭会 慈圭病院 薬局)
  • SY14-3HIV領域における認定・専門薬剤師の役割
  • 演者 島田 淳史(スエヤス調剤薬局)
  • SY14-4感染症治療で必要とされる薬剤師を目指して
  • 演者 勝 綾香(聖マリアンナ医科大学横浜市西部病院 薬剤部)
  • SY14-5認定取得と薬剤師産科外来開設までの取り組み
  • 演者 鹿目 小百合(社会医療法人社団健生会 立川相互病院 薬剤部)
  • SY14-6がん薬物療法認定薬剤師を目指す方へ
  • 演者 田中 麻理子(国立病院機構姫路医療センター 薬剤部)

シンポジウム15[日病薬病院薬学認定単位 Ⅱ-5:1単位]
「病院薬剤師の地域偏在と解消を考える」

  • 座長 伊東 弘樹(大分大学医学部附属病院 薬剤部)
  •    伊藤 陽一(長野県立こども病院 薬剤部)
  • SY15-1自治体病院における薬剤師の地域偏在 ~薬剤管理実態調査結果より~
  • 演者 室井 延之(神戸市立医療センター中央市民病院/神戸市立神戸アイセンター病院 薬剤部)
  • SY15-22つの病院における薬剤師増員に向けての実践と成果
  • 演者 伊藤 陽一(長野県立こども病院 薬剤部)
  • SY15-3京都府病院薬剤師会が推進する人財確保策
  • 演者 四方 敬介(京都府立医科大学附属病院 薬剤部)
  • SY15-4不足する病院薬剤師の確保
    ~北海道の薬剤師配備の現状から見た課題と解決方法の共有~
  • 演者 徳田 禎久(社会医療法人禎心会 札幌禎心会病院)
  • SY15-5病院薬剤師の人材採用における課題解決
  • 演者 富澤 崇(城西国際大学 薬学部医療薬学科)

シンポジウム16[日病薬病院薬学認定単位 Ⅱ-3:1単位]
「次世代の医薬品情報の収集と利用 
 ~デジタルトランスフォーメーションも見据えて~」

  • 座長 小村 誠(国立成育医療研究センター 薬剤部)
  •    鈴木 英二(長野県立こども病院 薬剤部)
  • SY16-1医薬品情報の過去・現在、そして未来
  • 演者 荒 義昭(独立行政法人国立病院機構 信州上田医療センター 薬剤部)
  • SY16-2PMDAにおける安全性情報の収集と発信
  • 演者 込山 則行(独立行政法人医薬品医療機器総合機構 医薬品安全対策第二部)
  • SY16-3小児領域における医療情報の収集と活用について
    小児医療情報収集システムの整備と稼働
  • 演者 栗山 猛(国立成育医療研究センター 臨床研究センター多施設連携部門)
  • SY16-4医薬関連出版業者の視点から考える情報の信ぴょう性 出版業務を振り返って
  • 演者 上野 敬人(株式会社薬事新報社)

シンポジウム17[日病薬病院薬学認定単位 Ⅲ-2:1単位]
「ICTを活用した情報共有と薬剤師の新しい働き方」

  • 座長 田中 宏治(JA長野厚生連 南長野医療センター篠ノ井総合病院 薬剤部)
  •    松原 重征(長野県立木曽病院 薬剤部)
  • SY17-1基調講演:システム導入5年を振り返って 成果と課題
  • 演者 伊藤 勇人(岡谷市民病院 薬剤科)
  • SY17-2 「新しい働き方」への電子カルテの課題と、今後の方向性から見える薬剤師の業務への電子カルテベンダ側からのアプローチのご紹介
  • 演者 完山 幸(株式会社ソフトウェア・サービス)
  • SY17-3薬剤部の裏側をデジタル化
  • 演者 石松 宏章(Dr. joy株式会社)
  • SY17-4Dr.joyを使用した外来化学療法患者の薬薬連携とその課題
  • 演者 楠 浩子(独立行政法人国立病院機構 信州上田医療センター 薬剤部)
  • SY17-5抗がん薬調製業務の自動化
  • 演者 牧野 泰己(日科ミクロン株式会社)
  • SY17-6抗がん薬調製支援ロボット導入による業務の変化
  • 演者 榊原 隆志(医療法人豊田会 刈谷豊田総合病院 薬剤部)

シンポジウム18[日病薬病院薬学認定単位 Ⅴ-2:1単位]
「参加してみよう!エキスパートパネル ~がんゲノム医療の実際とこれから~」※ライブ配信

  • 座長 鬼窪 利英(社会医療法人財団慈泉会 相澤病院 薬剤センター)
  •    六波羅 孝(伊那中央行政組合 伊那中央病院 薬剤部)
  • SY18-1がんゲノム医療の全体像 何がわかり、何ができるのか?
  • 演者 西原 広史(慶應義塾大学 医学部腫瘍センター ゲノム医療ユニット)
  • SY18-2がんゲノム医療における薬剤師の役割
  • 演者 櫻井 洋臣(慶應義塾大学病院 薬剤部)
  • SY18-3認定遺伝カウンセラー®の視点から考える
    がんゲノム医療でのクライエントへの関わり方
  • 演者 鈴木 美慧(学校法人聖路加国際大学 聖路加国際病院 遺伝診療センター)

ワークショップ(ライブ配信)

ワークショップ1[日病薬病院薬学認定単位 Ⅱ-6:1.5単位]
「論文投稿からアクセプトまで追体験してみよう!」

2021年8月29日(日)10:00~12:30 WEBワーク(事前登録参加者のみ)
  • 座長 竹澤 崇(信州大学医学部附属病院 薬剤部)
  •    三浦 篤史(JA長野厚生連 佐久総合病院佐久医療センター 薬剤部)
  • 演者 芦川 直也(医療法人澄心会 豊橋ハートセンター)
  •    安 武夫(明治薬科大学 臨床薬学部門/治療評価学)

ワークショップ2[日病薬病院薬学認定単位 Ⅳ-2:2単位]
「IDATEN pharm セミナー」

2021年8月29日(日)13:30~16:30 WEBワーク(事前登録参加者のみ)
  • 座長 佐村 優(医療法人社団緑成会 横浜総合病院 薬剤部)
  •    花井 雄貴(東邦大学医療センター大森病院 薬剤部)
  • 演者 岸田 直樹(一般社団法人Sapporo Medical Academy/北海道科学大学)
  •    佐村 優(医療法人社団緑成会 横浜総合病院 薬剤部)
  •    花井 雄貴(東邦大学医療センター大森病院 薬剤部)

共催シンポジウム(オンデマンド配信)共催:一般社団法人日本核医学会
[日病薬病院薬学認定単位 Ⅱ-6:1単位]

「抗がん剤としての放射線内用療法用放射性医薬品の展望」

  • 座長 鈴木 貴明(千葉大学医学部附属病院 薬剤部)
  •    間賀田 泰寛(浜松医科大学 光尖端医学教育研究センター)
  • CSY1-1核医学治療用放射性同位元素の基礎
  • 演者 久下 裕司(北海道大学 アイソトープ総合センター)
  • CSY1-2核医学治療の実際と診断画像との関連
  • 演者 石守 崇好(京都大学大学院 医学研究科)
  • CSY1-3核医学診療における薬剤師に必要な知識
  • 演者 八島 秀明(群馬大学医学部附属病院 薬剤部)
  • CSY1-4今後の核医学治療薬の動向と核医学領域における薬剤師
  • 演者 間賀田 泰寛(浜松医科大学 光尖端医学教育研究センター)

一般演題(オンデマンド配信)

共催セミナー(ライブ配信)

共催セミナー1
[日病薬病院薬学認定単位 Ⅴ-2:0.5単位]
「静脈血栓塞栓症(肺血栓塞栓症,深部静脈血栓症)診療の現状」共催:バイエル薬品株式会社

  • 座長 滝澤 康志(飯山赤十字病院 薬剤部)
  • 演者 篠崎 法彦(佐久市立国保 浅間総合病院 循環器内科)

共催セミナー2
[日病薬病院薬学認定単位 Ⅴ-2:0.5単位]
「新たな心不全薬物療法の展開 ーARNIという選択肢ー」共催:ノバルティスファーマ株式会社

  • 座長 丸山 昌孝(JA長野厚生連 富士見高原病院 薬剤部)
  • 演者 元木 博彦(信州大学医学部 循環器内科学教室)

共催セミナー3
[日病薬病院薬学認定単位 Ⅲ-2:0.5単位]
「地域薬学ケアのインフォメーションセンターを目指して」共催:セルトリオン・ヘルスケア・ジャパン株式会社

  • 座長 大塚 進 (日本大学医学部附属板橋病院 薬剤部)
  • 演者 徳留 雄太(帝京大学医学部附属病院 薬剤部)

共催セミナー4
[日病薬病院薬学認定単位 Ⅴ-1:0.5単位]
「がん治療におけるバイオシミラーの役割と導入事例:フォーミュラリー活用を含めて」共催:ファイザー株式会社

  • 座長 山口 正和(がん研有明病院)
  • 演者 川上 純一(浜松医科大学医学部付属病院)

共催セミナー5
[日病薬病院薬学認定単位 Ⅴ-2:0.5単位]
「経口腎性貧血治療薬(HIF-PHI)の作用機序
 ~ class effectとdrug effect ~」共催:協和キリン株式会社

  • 座長 松岡 慶樹(長野医療生活協同組合 長野中央病院)
  • 演者 永野 伸郎(医療法人社団日高会 日高病院 腎臓病治療センター)

共催セミナー6
[日病薬病院薬学認定単位 Ⅲ-1:0.5単位]
「時代の変化に対応したチーム医療を考える」共催:ノバルティスファーマ株式会社

  • 座長 網野 一真(諏訪赤十字病院 薬剤部)
  •    内山 倫宏(諏訪赤十字病院 血液内科)
  • 演者 江口 彩香(諏訪赤十字病院 薬剤部)
  •    内山 倫宏(諏訪赤十字病院 血液内科)

共催セミナー7
[日病薬病院薬学認定単位 Ⅲ-1:0.5単位]
「敗血症性DIC治療プロトコールの導入
 ~薬剤師の配置が進んだ今、新たな一歩を踏み出そう~」共催:一般社団法人 日本血液製剤機構

  • 座長 添田 博 (東京医科大学病院 薬剤部・感染制御部)
  • 演者 今浦 将治(神奈川県済生会横浜市東部病院 薬剤部)

共催セミナー8
[日病薬病院薬学認定単位 Ⅴ-2:0.5単位]
「非小細胞肺癌 薬物治療のオーバービュー、副作用対策など」共催:日本化薬株式会社

  • 座長 三浦 篤史(JA長野厚生連 佐久総合病院佐久医療センター 薬剤部)
  • 「扁平上皮肺がん薬物治療のオーバービュー」(仮)
  • 演者 田中 洋次(新潟県立がんセンター新潟病院 呼吸器内科)
  • 「タスクフォース型チームにおける薬剤師の役割 ~ネシツムマブの臨床導入~」
  • 演者 吉野 真樹(新潟県立がんセンター新潟病院 薬剤部)

共催セミナー9
[日病薬病院薬学認定単位 Ⅴ-2:0.5単位]
「脂肪肝合併2型糖尿病患者へのアプローチ」共催:大正製薬株式会社

  • 座長 松澤 資佳(長野赤十字病院 薬剤部)
  • 演者 山下 浩 (社会医療法人財団 慈泉会 相澤病院 糖尿病センター)

共催セミナー10
[日病薬病院薬学認定単位 ●-●:0.5単位]
「未定」共催:あゆみ製薬株式会社

  • 座長 未定
  • 演者 未定

共催セミナー11
[日病薬病院薬学認定単位 Ⅲ-2:0.5単位]
「がん薬薬連携を育むために
 ~水分(情報)・栄養(活用)管理(≒management)の必要性~」共催:株式会社大塚製薬工場

  • 座長 河田 圭司(国立大学法人山梨大学医学部附属病院
  • 演者 中村 久美(社会医療法人財団慈泉会相澤病院 薬剤センター 病棟薬剤業務課)

共催セミナー12
[日病薬病院薬学認定単位 Ⅲ-1:0.5単位]
「ひとりひとりに寄り添ったがんコミュニケーション
 ~現在・過去・未来、変わらないもの、変わっていくもの~」共催:東和薬品株式会社

  • 座長 井出 貴之(信州大学医学部付属病院 信州がんセンター)
  • 演者 松原 重征(長野県立木曽病院 薬剤部)

共催セミナー13
[日病薬病院薬学認定単位 Ⅴ-2:0.5単位]
「子ども・思春期・大人のADHDにおける診断&治療」共催:沢井製薬株式会社

  • 座長 六波羅 孝(伊那中央行政組合 伊那中央病院 薬剤部)
  • 演者 鈴木 直光(筑波こどものこころクリニック)

共催セミナー14
[日病薬病院薬学認定単位 Ⅴ-2:0.5単位]
「似て非なるもの? 処方箋から感じ取る、これからの高血圧診療」共催:第一三共株式会社

  • 座長 岡澤 香津子(JA長野厚生連 北信総合病院 薬剤部)
  • 演者 森本 玲 (東北大学病院 腎・高血圧・内分泌科)

共催セミナー15
[日病薬病院薬学認定単位 ●-●:0.5単位]
「薬剤部とMRの新たなコミュニケーションプラットフォーム『MONITARO』」共催:HCM株式会社 ※オンデマンド配信

  • 「COVID-19流行下における医薬品情報管理室業務の変遷」
  • 演者 瀬戸 恵介(国立国際医療研究センター病院 薬剤部)
  • 「薬剤業務における新たなデジタルプラットフォームの利活用とその可能性」
  • 演者 伊東 俊雅(東京女子医科学大学東医療センター 薬剤部)

共催セミナー16
[日病薬病院薬学認定単位 ●-●:0.5単位]
「未定」共催:JCRファーマ株式会社

  • 座長 未定
  • 演者 未定

企業展示(オンデマンド配信)

都合により、プログラムが変更になる場合がありますのでご了承ください。